夜勤がない工場勤務のメリットデメリット

夜勤がない場合のメリットはこれ!

工場の求人の中には、夜勤がなく日勤だけで働けるものがあります。そのような勤務体制のメリットと言えばやはり、規則正しいスケジュールで働けることでしょう。夜勤がある工場だと、2交代制や3交代制のシフトを組まれることになるので、一定の期間ごとに夜勤と日勤を繰り返しながら働く必要があります。そうなると生活のリズムを整えながら働くのが難しくなるのです。例えば、夜に習い事をしているような人の場合だと、夜勤のせいで習い事を継続することが難しくなることも考えられます。また、不規則な生活リズムのせいで体調を悪くしてしまうこともあります。しかし、夜勤がない工場の場合だと、そのような心配をせずに規則正しいスケジュールで仕事に集中することが出来るはずです。

夜勤がある工場に比べて給料が低いというデメリットも…

夜勤がない工場の仕事には規則正しい生活リズムで働けるというメリットがある一方で、知っておかなければならないデメリットもあります。それは、夜勤がある工場勤務に比べて給料が低いという点です。夜も稼働している工場の場合、夜勤をすることで「深夜手当」を貰うことが出来ます。この深夜手当によって時給が割増になるので、日勤のみでしか働けない工場勤務よりも給料が高くなるのです。ガッツリとお金を稼ぎたいと考えている人にとって、夜勤のない工場勤務は好ましくないかもしれません。このように、夜勤がある場合に比べて給料が低いというデメリットを把握したうえで、規則正しいリズムで働きたいと考えるのなら、夜勤がない工場で働くのも良いのではないでしょうか。

忙しい現代人にとって、どうやって時間を捻出するかは重要な課題ですが、住み込みの工場なら通勤時間がないので、その分自由な時間が増えます。