夜勤ナシの工場業務によく見られる特徴とは?

夜勤がある業種とない業種の特徴とは

工場では夜勤がつきものと考える方は多いかもしれません。工場での仕事を考えている人が高収入を狙うには、夜勤手当がある仕事が有利かもしれませんが、夜勤によって生活リズムが崩れ、体調に影響する場合もあるため、できれば夜勤は避けたいという人もいます。実は、夜勤は業種によって有無がはっきり分かれるため、夜勤があるかどうかを最優先に考える方は、業種の知識を得ておくとよいでしょう。

例えば、製鉄工場は、いったん高炉の火を止めてしまうと、再び稼働させるのに費用と日数が必要になるため、基本的に24時間365日フル稼働です。一方、精密部品や金属を加工する工場では、熟練した技術者を確保する必要があるため、業務負担が大きい夜勤はない工場が多くなります。

夜勤がないが残業が発生することはある

昼勤と夜勤に分かれていれば、昼勤の際に残った仕事を夜勤の人が行うという形で、仕事を引き継ぐことが可能です。一方、夜勤がまったくない工場では、残業が発生することがあります。特に、繁忙期やトラブルが起こって納期に間に合わないなどの状況が生じると、季節によって、または突発的に残業が発生しやすくなります。どれくらいの残業が発生する可能性があるかは、求人票などでチェックしたり、面接の際に確認することができるでしょう。

24時間勤務の工場であっても、夜勤が発生しない職場もあります。夜勤がある工場でも、昼専属とよる専属の仕事に完全に分け、日勤のみを選べるようにしているところが出てきています。日勤と夜勤が切り替わるタイミングで生活リズムが崩れることがないのが、働く人のメリットです。