夜勤で働く工場スタッフの1日スケジュールを知ろう

2交代制の夜勤の場合

早番と夜勤の2交代制勤務の場合、22時から24時前後から翌朝6時頃までの勤務となります。勤務のある日は17時ころ起床し、夕食を済ませてから、21時頃に仕事場へ向かいます。途中1時から2時頃に食事休憩と、1~2回の休憩をはさみ6時頃まで作業をします。その後、家に戻り朝食をとってから就寝するというパターンになります。

2交代制のメリットは、生活のリズムを作りやすいところです。特に1週間ごとに早番と夜勤を交代するスタイルだと、週末に調整ができるため体調管理がしやすいです。また「夜勤」の場合、8時から17時頃までたっぷりと睡眠をとれます。残業も比較的少ないため、体への負担も少なく済みます。日中に用事ができるのもメリットです。

3交代制の遅番の場合

早番・遅番・夜勤の3交代制勤務の場合、夜勤は2交代制と勤務時間が変わりませんが、16~17時頃から0時頃まで働く遅番勤務となる場合もあります。遅番勤務だと13時頃起床し昼食をとってから、15時~16時頃に工場へ向かいます。こちらも20時頃に食事休憩と、1~2回の休憩をはさんで0時頃まで仕事をします。

その後帰宅し、夜食をとってから就寝します。遅番の場合、深夜空いている店もあるので店で飲食をしてから帰宅する人もいます。睡眠時間は2時頃から13時頃までたっぷりとれます。仕事が終わるのが深夜のため、スムーズに睡眠に入れるのもメリットです。その分、日中早く起きて、家のことなどを済ませている人もいます。家族がいる方にも働きやすい勤務スタイルです。